レクチャー:「クルド人ディアスポラ:移住を平和の絆にしましょう」/ソホラブ アフマディヤーン

クルド人ディアスポラと関わる私のレクチャーをここに報告いたします。そのレクチャーはPORT Bによって計画されてた『新・東京修学旅行プロジェクト:クルド編』というプロジェクトに用意されて発表されました。 『皆さん!こんにちは。 毎日、さまざまな国から日本国入管のいろんなオフィスにいらっしゃいます。今の段階では国を離れて来日して、日本に滞在していると思います。いろいろな目的で、いろいろな在留資格で、短期とか長期とか。いろいろなご用件でございます。滞在の延長、更新、変更など。それはどういう意味ですか。信仰や文化が違って世界からの民族ほかの異なる国家や異なる文化地域へ移(うつ)り住(す)む事象(じしょう)という意味ではないでしょうか。現在、自分の国、家族、両親、奥さん、ご主人、子供さんなどを離れて日本に滞在しているみたいではないでしょうか。私も同じように、出身が別のところです。日本のつくば市に暮らしている、ソホラブと申します。しかし出身はイランの北西部地方、「オシュナビエー」という小さな町です。イラクとトルコに接していて、住民はクルド人で、かつイスラム教徒です。 こうして自らの体験から生まれた動機を通じて、クルド人とクルド人ディアスポラそしてその平和の絆について話したいと思います。なんで皆さん、海外旅行に行くんですか?よく行きますか?たぶんゴールデンウィークか暇な時間、仕事を休みにする時間は一番いいだと思いませんか。しかし別の異なる旅行もあります。他の国に永住することを目的として、本国を離れること。あるいは強制的に本国を追われること。もし、あなたがそうなったとして、母国に帰れないと分かった場合どうしますか。クルド人ディアスポラも少数民族として本国における戦争、本国の政府から民族浄化、人種差別、思想的弾圧、政治的迫害などの理由によって自国を離れた、あるいは強制的に追(お)われた人々の集団です。 ディアスポラを考えるに当(あ)たって、 第一に「 ディアスポラ」という用語を使って何を議論しようとするのか? という問いがあろう。まず、 この問いから出発する必要がある。ギリシア語で「散(ち)らされている者」を意味し,ユダヤ人でパレスチナ以外の地に移り住んでいた人々をさす。 [ブリタニカ国際大百科事典: 小項目事典. ニチーホウ, 1974]。それで、「 ディアスポラ」 とは、 ある民族集団がもとの土地から離散することを指し、 歴史的に主にユダヤ民族の離散経験について使われてきたが、 今日、国民国家の枠組(わくぐ)みでは捉(とら)えきれない人の移動とそれに伴う社会現象を「 ディアスポラ」 という名で呼ぶ機会が増えてきている。[赤尾光春, 早尾貴紀, 2009] クルド人とはトルコ・イラク・イラン・シリア等、中東の各国に広くまたがる形で分する、独自の国を持たない世界最大の民族集団と知られている。1970 年代まで合法的な移民の時代だったとすれば、 1980 年代以降は、 非合法な、 あるいは亡命を求めてのヨーロッパ移住の時代といえる。 いくつかの波があるが、…